病院長挨拶
病院紹介
当院の感染症に対する取り組み
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指針
調達情報
情報公開
バリアフリー情報
個人情報保護方針
診療録開示
輸血拒否
迷惑行為に対する当院の対応について

令和3年度 金沢病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)


1.年齢階級別退院患者数

[ファイルをダウンロード]

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 6 38 93 108 253 448 681 1157 898 354

◆特徴:
・入院時の年齢で10歳刻み(90歳以上は一括り)で集計を行いました。
・対象となった入院件数は4036件、60歳以上が全体の76.6%(前年度76.1%)で前回より0.5%増加しています。
・また、80歳以上は31.0%(前年度31.7%)で減少傾向です。





2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

[ファイルをダウンロード]

内科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 291 2.09 2.65 0.34 61.69
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1:あり 104 1.99 2.03 0.00 61.68
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2:なし 84 28.63 20.57 17.86 87.00
130030xx99x4xx 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2:4あり 67 10.84 10.66 0.00 71.54
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 66 21.47 13.14 4.55 81.95

◆解説:
 大腸ポリープ切除(一泊二日)の症例数が多く当院では例年上位に上がります。睡眠時無呼吸症候群の検査入院(一泊二日)も多く行っています。
口腔内の細菌や嘔吐時の胃液などを気道内に吸入することにより生じる誤嚥性肺炎はADLが低下している高齢者に多く見られ当院での直接死因件数は17件(調査期間内)、亡くなられた方の平均年齢は88.1歳でした。
 また、急性腎盂腎炎や尿路感染症は泌尿器系の疾患ですが、内科系疾患も併せ持ち、同様に入院治療が必要な場合には内科にて総合的な診療を行っていきます。


小児科







DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100380xxxxxxxx 体液量減少症 - - 10.66 - -
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし - - 5.71 - -
030270xxxxxxxx 上気道炎 - - 4.78 - -
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし - - 5.76 - -
080010xxxx0xxx 膿皮症   手術・処置等1:なし - - 13.07 - -

上記全ての分類で期間内10件に達しなかったため、数値記載については割愛させていただきます。




外科







DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 121 5.69 4.74 0.00 68.08
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 55 6.49 6.25 0.00 61.40
060020xx99x4xx 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:4あり 19 4.47 5.63 0.00 71.42
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 19 2.00 2.65 0.00 65.37
060335xx02000x 胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 17 9.00 7.11 0.00 67.12

◆解説:
 鼡径ヘルニア手術の症例数が多く当院では例年上位に上がる症例です。全ての手術が腹腔鏡下で行われ腹腔鏡を使用する手術は開腹手術と比べ、腹壁をほとんど損傷せずに行われるため術後の疼痛が軽く、入院期間や回復期間も短縮できるメリットがあります。
 また、胆のう結石や胆のう炎に対して腹腔鏡下胆嚢摘出術、胃癌や虫垂炎の手術も行っています。




整形外科







DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 53 47.62 25.32 13.21 83.17
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 45 42.00 19.34 2.22 84.87
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 28 30.04 20.63 0.00 67.14
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2:なし 22 40.55 19.02 4.55 75.05
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 14 45.43 23.02 7.14 79.64

◆解説:
 胸腰椎の圧迫骨折の入院が多くなっております。骨粗鬆症が基盤となっているケースが多く見られ、表の平均年齢からも高齢者が多いことが分かります。表の診断群分類は手術を行っていない保存的療法を行った件数となっており、運動機能の向上を図るリハビリテーションが行われています。
 次いで、大腿骨骨折、変形性膝・股関節症の手術目的入院を多く行っています。



脳神経外科








DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010310xx99x0xx 脳の障害(その他) 手術なし 手術・処置等2:なし 14 11.79 10.04 7.14 21.14
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 13 22.38 11.78 0.00 80.08
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:4あり 副傷病:なし 重症度:発症前Rankin Scale 0、1又は2 13 33.54 15.63 15.38 75.23
010200xx01x00x 水頭症 水頭症手術 脳室穿破術(神経内視鏡手術によるもの)等 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 11 15.91 20.18 0.00 76.73
010200xx99x00x 水頭症 手術なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし - - 6.71 - -

◆解説:
 脳卒中は代表的な国民病であり、死亡率・発症率は単一臓器疾患として最も高い疾患です。中でも脳梗塞は5~6割と最も高く、脳出血は3割、くも膜下出血が1~2割となっています。さらに脳梗塞の中ではラクナ梗塞が5~6割、アテローム血栓性脳梗塞が3割、脳塞栓症1~2割となっていますが、近年、アテローム血栓性脳梗塞が増加していると言われています。脳梗塞に対する治療、処置として血圧管理、脳浮腫管理、血栓溶解療法、抗凝固療法、抗血小板療法などが行われます。上記は脳保護療法としてエダラボンという薬剤を使用した件数となっています。また、脳梗塞は早期からのリハビリテーションが肝要とされており、当院では脳保護療法に加え脳血管リハビリテーションも早期に行うよう努めています。

 患者数が「-(ハイフン)」で表示されている項目は、集計対象期間内の退院件数が10に満たないため割愛させていただきます。



皮膚科







DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 9.22 - -
130130xxxxx1xx 凝固異常(その他)   手術・処置等2:1あり - - 29.29 - -

◆解説:
 上記全ての分類で期間内10件に達しなかったため、数値記載については割愛させていただきます。



泌尿器科







DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx04xxxx 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 107 2.12 2.59 0.00 54.54
110420xx02xx0x 水腎症等 経尿道的尿管ステント留置術等 副傷病:なし 53 2.98 3.99 18.87 78.89
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等 49 12.55 8.23 2.04 75.78
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1:あり 48 2.42 2.50 0.00 72.23
110070xx03x0xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等2:なし 42 7.40 7.02 0.00 73.95

◆解説:
 細い針を前立腺に刺入して組織を採取し悪性腫瘍の有無を調べる前立腺針生検目的の検査入院(一泊二日)や腎・尿路結石に対して体外衝撃波腎・尿管結石破砕術入院が多いです。
 また、前立腺肥大症、膀胱癌、水腎症の手術目的の入院も積極的に行っています。



3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

[ファイルをダウンロード]





初発 再発 病期分類基準(※) 版数
Stage Ⅰ Stage Ⅱ Stage Ⅲ Stage Ⅳ 不明
胃癌 16 - - 16 15 - 1 8
大腸癌 - - 10 - - 25 1 8
乳癌 - - - - - - 1 8
肺癌 - - - 24 37 21 1 8
肝癌 - - - - - - 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
◆解説:
 5大癌(胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌)について、初発の場合は「UICC TNM分類」から示される病期分類、再発の場合は期間内の患者数として集計を行いました。

 患者数が「-(ハイフン)」で表示されている項目は、集計対象期間内の退院件数が10に満たないため割愛させていただきます。



4.成人市中肺炎の重症度別患者数等

[ファイルをダウンロード]





患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 10 7.50 54.70
中等症 55 16.18 78.42
重症 21 30.57 85.19
超重症 11 22.36 74.55
不明 - - -

◆解説:
 成人の市中肺炎(病院や介護施設外など、普段の社会生活の中でかかった肺炎)について集計を行いました。
重症度の分類は日本呼吸器学会「呼吸器感染症に関するガイドライン」に準拠しています。

患者数が「-(ハイフン)」で表示されている項目は、集計対象期間内の退院件数が10に満たないため割愛させていただきます。



5.脳梗塞の患者数等

[ファイルをダウンロード]


発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 77 35.8 78.3 24.7
その他 - - - -

◆解説:
 脳梗塞での入院について、発症時期別に対象期間内の退院患者数の集計を行いました。
 平均年齢は70代後半で、平均在院日数が長くなる傾向があります。また、リハビリテーション目的で地域包括ケア病棟へ転倒する場合や回復期リハビリ病院等へ転院することもあります。

患者数が「-(ハイフン)」で表示されている項目は、集計対象期間内の退院件数が10に満たないため割愛させていただきます。



6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

[ファイルをダウンロード]

内科







Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 269 0.06 1.01 0.37 61.84
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル以上 27 0.67 1.41 0.00 62.85
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 20 7.75 20.85 5.00 84.75
K654 内視鏡的消化管止血術 16 7.00 29.13 12.50 69.56
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの 16 2.19 11.69 0.00 64.06

◆解説:
 大腸ポリープ、胆管炎、消化管出血に対する手術を行っています。
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術と内視鏡的胆道ステント留置術は前年度より増加しています。



外科







Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 114 1.08 3.56 0.00 67.63
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 74 1.32 5.43 0.00 63.22
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 19 0.00 1.00 0.00 65.37
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 16 0.75 3.25 0.00 43.25
K655-22 腹腔鏡下胃切除術 悪性腫瘍手術 11 2.45 16.91 0.00 78.45

◆解説:
 鼠径ヘルニアや胆のう結石、虫垂炎に対する手術が多いです。
腹腔鏡下胆嚢摘出術や腹腔鏡下胃切除術は前年度より増加しています。
 また当院では、腹腔鏡を使用した手術が多く術後疼痛の緩和や術後回復の期間短縮を図り、患者様にかかる心身への負担軽減を行っています。



整形外科







Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股) 44 2.23 32.98 2.27 71.52
K0461 骨折観血的手術(大腿) 42 1.50 42.26 11.90 83.33
K0811 人工骨頭挿入術(股) 14 11.00 41.57 14.29 79.50
K0483 骨内異物(挿入物)除去術(前腕) - - 3.00 - -
K0462 骨折観血的手術(下腿) - - 22.00 - -

◆解説:
 変形性膝・股関節症や大腿骨骨折等の手術を行っています。
 また、手術後などに地域包括ケア病棟へ転棟し在宅等へ退院出来るように積極的にリハビリテーションを行うことも多いです。

患者数が「-(ハイフン)」で表示されている項目は、集計対象期間内の退院件数が10に満たないため割愛させていただきます。



脳神経外科







Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 16 3.00 24.00 0.00 80.81
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - 14.56 - -
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) - - 16.00 - -
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓形成 - - 29.67 - -
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - 23.33 - -

◆解説:
 慢性硬膜下血腫の手術を多く行っております。

 患者数が「-(ハイフン)」で表示されている項目は、集計対象期間内の退院件数が10に満たないため割愛させていただきます。



泌尿器科







Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 106 0.07 1.06 0.00 54.59
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 62 0.18 3.44 17.74 79.06
K841-22 経尿道的レーザー前立腺切除・蒸散術 その他のもの 47 5.47 8.94 4.26 76.49
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 43 2.09 6.42 0.00 74.23
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 28 0.82 3.89 0.00 67.46

◆解説:
 腎・尿路結石の破砕術や水腎症、前立腺肥大症、膀胱癌の手術を多く行っています
 昨年度より経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの)の症例数が増えております。



7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

[ファイルをダウンロード]




DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 16 0.40
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 15 0.37
異なる - -

◆解説:
 入院の契機となった傷病名と医療資源を最も投入した傷病名のそれぞれに対するICD-10コードが一致している場合は「同一」の項へ、一致しない場合は「異なる」項へ分けられています。

 敗血症は前年度より症例数が減っています。また、手術・処置等の合併症は透析シャントの狭窄・閉塞やカテーテルの感染症などです。

 播種性血管内凝固症候群、その他の真菌感染症は10症例未満のため割愛させていただきます。



更新履歴


2022/09/21
「令和3年度 金沢病院 病院指標」を公開しました。




PageTop